気づきのコンサルティング 10

年頭ということもあり、クライアントの皆さまとも

今年の目標についてお話をさせていただきました。


一般的に目標は、定量的(具体的な数値)の設定を推奨します。

なぜでしょうか?わかりやすいから?


では、その数字を達成する意味、真の目的は何でしょうか?


例えば、売上をいくらと目標設定をしたところで、

それを達成するには何が必要なのか?

その目的は何のためなのか?と、問いなおせば、

おのずと定性的(性質、特性)な目標となるわけです。


ひとつの目標に対して、なぜそれを目標にするのか?と

繰り返し自分に問い続けることで、真の目標にたどり着けるのです。


数字は、達成の進捗を計るための単なる指標や結果に過ぎません。

目標は抽象的、定性的でいいのです。最初から具体的に、無理に

数字を設定しようとしなくていいのです。


テレビなどで驚異的なダイエットに成功した女性の話を見たことが

ある人は多いと思います。成功している例は「何kg減らす」という

目標ではなく「痩せてキレイになって、元カレを見返してやる!」

のような目標であることで、ご理解いただけるのではないでしょうか。


先週よりも0.5kgしか減ってなかったらダメ、とか、先月よりも3kg減った

からOK、ではありません。例え、0.5kgでも明らかに減っているのなら、

その方法は正しいのです、続ければいいのです。


また、去年の目標でうまくいったことは、今年もそのまま続けてください。

くれぐれもリバウンドにはご注意を。


HOMEへ戻る

クリエイティブ エージェンシー ルキウス

行動経済学とランチェスター経営戦略で御社の発展をお手伝いするマーケティングコンサルタント Support Your Growth & Success.