気づきのマーケティング 8

「重要書類在中」それは封筒の宛名の下に、よく書かれている言葉です。

でもそれは、一体誰にとって重要なのでしょうか?受取人?それとも差出人?


受取人にとって本当に重要な書類なら、いますぐに開封してもらわなければ

なりません。ところが「すぐに開けなきゃ!」なんて思わせる封筒を見たこと

は滅多にありません。


もちろん受け取る側にしてみれば、自分のポストはいつもキレイにしておきたいし、

ゴミになるものをわざわざ部屋に持ちこみたくない。でも、差出人の立場にしてみれば

開封してほしいし、中身をちゃんと見てほしい。


それでもなお、開けてもらうためには工夫、強力なインセンティブが必要です。

インセンティブとは行動経済学において、人に対して行動を促す動機付け(誘因)

を意味します。


 そこでインセンティブを活用して、開けないことで受取人に生じるデメリットを

キャッチコピーで率直に、封筒に表現してみます。

(キャッチコピーの一例:もし開けずに捨ててしまうのなら、幸運を逃がしたこと

にさえ気づくことはないでしょう)


あるいは、開けることで得られる受取人のメリットを強調してみます。

(キャッチコピーの一例:今回、ご覧いただいて本当にあなたのお役に立てなければ、

今後このような封書が届くことはありません※)


※加えて、DM送付を断るための手続きを同封するなどが必要です。ただし、断ると

もう二度と情報を受け取ることも出来なくなります、という注意も促します。


でも捨てるのもあなたの自由であり、あなたの行動を尊重します、というメッセージを

書き加えることも重要です。人は自分で納得して選んだ行動を取るもの、だからです。



HOMEへ戻る

クリエイティブ エージェンシー ルキウス

行動経済学とランチェスター経営戦略で御社の発展をお手伝いするマーケティングコンサルタント Support Your Growth & Success.