気づきのクリエイティブ 6

例えば、あなたが「必要なモノ」を探すのならば、ネットで検索することでしょう。

列挙された結果を比較して、ご自分の要望に最も合った「そのモノ」を選択、

検討することでしょう。


では、別のモノ(例えばA)を探しているとき、偶然「以前から気になっていた他のモノ=B」

に出会ったとしたなら、あなたはどう感じるでしょうか?


きっと、あなたは「これこそ、運命的な出会い」と感じて「そのモノ=B」を迷わず購入することでしょう。


■ そんな偶然を計画する方法


「プランド・ハップンスタンス(Planned Happenstance)」理論と

いう考えがあります。「偶然を計画する」と訳され、1999年に

スタンフォード大学のJ・D・クランボルツ教授が発表した学説です。


クランボルツ教授は、主体的に行動する中で起こる様々な偶然が、

人生を切り拓く開くチャンスに変わる「計画的偶発性理論」を

提唱しました。


■ 常に好奇心を持ち、行動し続けることでしか人生は開けない


クランボルツ教授はその秘訣として、以下の5つを挙げています。


1:旺盛な「好奇心」色々なことに興味をもち、知識を得る。


2:努力を重ねる「持続力」失敗しても簡単に諦めず、持続させる。


3:物事を前向きに捉える「楽観主義」物事が持つ二面性に着目、

  ネガティブにではなく、ポジティブに捉える。


4:固定観念に縛られない「柔軟性」既成概念に捕われず、

  新しいものを受け入れる心構え。ゼロベースで物事を捉える力を持つ。


5:失敗を恐れない「冒険心」リスクを恐れずに行動、挑戦していく。


予想外の出来事に見舞われたとき、“思っていたことと違う”なんて

切り捨てずに、“新しい人生が開けるかもしれない”と捉えてみませんか。


加えて、普段の努力も重ねつつ、目の前の出来事には心を開いておく。

そんな心構えが チャンスを呼び込んでくれるのです。


では、ここで少し考えてみてください。


お客様が求める「商品やサービス」を探してネット検索をしました。

当然、列挙された結果を比較して、最も要望に合う「商品やサービス」に

決めるでしょう。


ところが別の目的で、どこかで偶然「商品やサービス」に関する情報に

出会ったなら、どうでしょうか?きっと運命的な出会いを感じて、

迷わずに決めてくれることでしょう。


では、そんな予想外の、偶然の「商品やサービス」情報との出会いは、

どうすれば可能でしょうか?


アウトバウンド・マーケティング(ダイレクトメールやチラシなどの広告により、

売り手から見込み客に向けて情報を発信する施策)は、ここでこそ真のチカラを

発揮するのです。


→HOMEへ戻る


クリエイティブ エージェンシー ルキウス

行動経済学とランチェスター経営戦略で御社の発展をお手伝いするマーケティングコンサルタント Support Your Growth & Success.